お知らせ

【事例No.121】左高度難聴で障害手当金を受給できたケース

相談者:男性(50代) 傷病名:左高度難聴 決定した年金種類と等級:障害手当金 支給月から更新月までの総支給額:なし 相談時の相談者様の状況 数年前から高い音がやたら響くようになった。耳がつーんとして、左耳が詰まっているような感じが常にしていたが、そのうちよくなるだろうと初期はあまり気にしていなかった。生活を送る中で左耳がまったく聞こえていないことに気づき、会社近くの病院を受診、検査
続きを読む >>

【事例No.120】うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:男性(30代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約2,400,000円 相談時の相談者様の状況 製造業の技術職として正社員で採用されすぐに結婚。技術職は未経験だった為、慣れない仕事でミスが多く、次第に周りから罵声され社内で無視されるようになった。退職勧奨をされたが、結婚したばかりで正社員として頑張りたい気持ちが強く応じ
続きを読む >>

【事例No.119】うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:男性(30代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,500,000円 相談時の相談者様の状況 パートとして働いていたが、責任者になった。どんどん仕事が増えていき、新しい仕事が自分にくるのではないかというプレッシャーがあった。後輩が仕事中イライラすると物を投げて大声を出すようになり、恐怖に感じ始め、眩暈・倦怠感・手の震
続きを読む >>

【事例No.118】脳幹部出血で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(40代)/無職 傷病名:脳幹部出血 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約2,000,000円 相談時の相談者様の状況 ある日、突然ふわふわしてスポンジの上を歩いているような感覚に襲われ、回転性および動揺性のめまいが出現し、今までにない違和感を覚えた。その日は仕事が休みだったのでしばらく安静にしていたが状態は悪いまま。近医を受診する
続きを読む >>

【事例No.117】心因性ジストニアで障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:女性(30代)/ 傷病名:心因性ジストニア 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,600,000円 相談時の相談者様の状況 幼い子どもを保育園に預け、仕事・家事・子育てをこなしていた。疲れがとれず集中できない日々が続き、会社の健康診断時に病院受診を勧められ、メンタルクリニックを受診。「うつ状態」と診断され、休職。復職するも、こどもの体
続きを読む >>

【事例No.116】自閉スペクトラム症で障害年金2級を受給できたケース

相談者:男性(40代)/無職 傷病名:自閉スペクトラム症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,900,000円 相談時の相談者様の状況 予定日より1カ月ほど早産だったが出生時に異常を指摘されることはなかった。幼少期は周りの子よりテンポが遅くいつも取り残されており、また発声も不明瞭で聞き取ることができなかった。小中と普通学級に進学。忘れ物・落
続きを読む >>

相談者様の声(201~210)を追加いたしました。

いつもありがとうございます。 相談者様のお声を、10件追加いたしました。 詳細はこちらです⇒ 生活が苦しい。どうしたら良いのか分からない。障害でお困りの方は、様々な辛さを抱えておられます。 そのような中で、複雑な障害年金申請の資料を作成するのはとても大変なことです。 当センターには、相談歴20年以上の社労士が所属しております。そして、社労士は「公的年金に関する唯一の国家資格者」であり、年
続きを読む >>

【事例No.115】高次脳機能障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:女性(50代)/ 傷病名:高次脳機能障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約3,600,000円 相談時の相談者様の状況 介護の仕事に従事していたある日、夜勤中に突然の体調不良に襲われた。口が閉まらず、よだれが止まらないまま、手足や顔面の痺れが出現し、異様な血圧の上昇と強烈な頭痛で意識が朦朧としながら、救急車で病院に緊急搬送された。検
続きを読む >>

【事例No.114】光原性てんかんで障害年金2級→1級を受給できたケース(額改定)

相談者:男性(40代)/無職 傷病名:光原性てんかん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 支給月から更新月までの総支給額:約2,250,000円 相談時の相談者様の状況 頭痛・眩暈・吐気が頻繁に起こるようになり、テレビ画面を見ると状況が悪化した。診察を受けるも原因がわからず、病院を転々とすることに。症状が治まるどころか意識障害、記憶力の低下、高音障害が発生し、状態が日々悪化して
続きを読む >>

【事例No.113】二分脊椎症・神経因性膀胱で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(40代)/ 傷病名:二分脊椎症・神経因性膀胱 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,560,000円 相談時の相談者様の状況 死産に近い仮死状態で産まれ、背中と腰椎の下部に大きな穴があいて髄液が出ており、蘇生術が行われ、その後保育器で管理された。妊娠時には全く異常がわからず、翌日の朝に転医し、検査の結果「二分脊椎」と診断され、緊
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP