うつ病

【事例No.158】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(40代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約2,000,000円 相談時の相談者様の状況 派遣会社に登録し、少人数の会社に派遣された。提示された労働条件とは大きく解離しており、早朝に出社し夜遅くに退社、会社の事務をすべて任される生活が続いた。直接雇用に切り替えてもらったものの、さらに過重労働となっていった。会社に
続きを読む >>

【事例No.157】うつ病で障害基礎年金→遺族基礎厚生年金→ 障害基礎年金2級+遺族厚生年金を受給できたケース

相談者:女性(40代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,560,000円+遺族厚生年金 相談時の相談者様の状況 うつ病を患い、障害基礎年金を受給して生活を送っていた。夫が逝去。18才未満の子どもがいたため、年金事務所の職員の勧めで遺族厚生年金+遺族基礎年金に切り替えを行った。子どもが18才になり、もうすぐ遺族基礎年金の受
続きを読む >>

【事例No.153】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(60代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 相談時の相談者様の状況 実父が亡くなり、同じ頃に自営業が上手くいかなくなり自己破産、家を担保にとられた。精神的にショックを受け、興味や気力がわかなくなった。友人の勧めでA精神科クリニックを受診、「うつ病」と診断された。自宅にひきこもり外出困難となり、同居の母親が支援していた。障害認定日頃も症状は改善されず
続きを読む >>

【事例No.150】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(30代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,400,000円 相談時の相談者様の状況 第三子として3400gで出生し、成長は他の兄弟と比べても特に問題はありませんでしたが、何をするにしても時間がかかっていました。幼い頃から集団行動が苦手で部屋から勝手に出ていくことがありました。小学校は地元の普通学級に入学し、
続きを読む >>

【事例No.145】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(20代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,600,000円 相談時の相談者様の状況 高校卒業後、医療職を目指し専門学校に入学した。施設実習が始まり、指導担当者が威圧的な態度で、常に周囲に監視されていると感じた。常時緊張状態の中で実習をこなし、途中から不眠・幻聴が出現。それでも実習を継続し、精神的ストレスから
続きを読む >>

【事例No.141】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(20代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,600,000円 相談時の相談者様の状況 初めての業種に就職したが、同僚から刑事事件に発展するレベルのいじめを受けた。警察や労働基準監督署に掛け合うもうやむやにされ、だんだん頭痛・吐気・めまい・耳鳴り等の体調不良に悩まされるようになり、意欲が大きく低下し、1カ月で
続きを読む >>

【事例No.140】うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:女性(30代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約4,000,000円 相談時の相談者様の状況 シングルマザーとして子どもを育てながら看護助手の仕事をしていたが、仕事が多忙で理不尽な命令も多く、ちょっとした仕事のミスがあるとところかまわず叱責された。常に仕事のことが頭から離れなくなり憂うつ気分が出現、私生活でもパート
続きを読む >>

【事例No.136】うつ病(片頭痛)で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:男性(30代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約2,800,000円 相談時の相談者様の状況 中学生の頃から頭痛があったが受診歴なし。実家とは他府県で一人暮らしをしながら仕事をしていたが、勤務に支障をきたすほどの頭痛に悩まされ、実家に戻り療養した。しかし頭痛は治まらず憂うつ気分が続き、市販薬を過量服用しながら仕事の日
続きを読む >>

【事例No.134】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(20代) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,600,000円 相談時の相談者様の状況 元々不登校気味で教師から発達障害を指摘されていたが、病院を受診することはなかった。大学に進学し、友人に恵まれ通学することができていたが、親しい友人と離れたことが原因で人間関係がうまくいかなくなった。パニック発作を起こし、過呼
続きを読む >>

【事例No.126】うつ病・注意欠如多動症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(20代) 傷病名:うつ病・注意欠如多動症 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額:約1,600,000円 相談時の相談者様の状況 出生時は問題なく、癇癪を起しやすい子だったが、生育に対して指摘されることはなかった。幼少期団体行動が苦手で一人遊びが好きな子だった。切り替えが苦手で言葉の遅れが少し気になった。小学校(普通級)に進学したが、こ
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP