【事例No.98】アルコール性ニューロパチーで障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:男性(60代前半)/無職
傷病名:アルコール性ニューロパチー
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの総支給額:2,800.000円

相談時の相談者様の状況

通勤は車を利用していました。ある日、会社の建物を上るのに手すりがないと上れなくなり、足に力が入りませんでした。その状態が続いたので、病院に行った所、病名はつかなかったものの下肢の筋力低下の為、禁酒を指示され薬物治療を開始し、3カ月に1回の通院となりました。通院後もよくならず、検査入院をしたところ「ニューロパチー」の診断となりました。進行が進み、会社を退職。ある日、胸が締め付けられ救急搬送されました。入院し、リハビリを受けましたが、両脚に障害が出て、車椅子の生活となってしまいました。今後、悪化する事はあっても、良くなる事はないという見解から将来不安があり、ネットで当センターを知り、ご相談を受けました。

相談から請求までのサポート

現在は車椅子生活の為、相談に当事務所まで来ることが出来ない為、ご自宅に2回出張相談に伺いました。医師への診断書依頼もこちらから、大阪の病院まで伺いサポートさせていただきました。

結果

障害厚生年金2級が決定し、奥様の配偶者加算を入れて、年間で140万円を受け取ることになり、ました。奥様の配偶者加算は厚生年金だけの制度ですので、厚生年金の加入期間で年金受給することの大きさがよく分かる結果となりました。

足の不自由な方等、当事務所まで来てご相談が難しい方は、出張相談もしておりますので、お気軽にご相談下さい。

当センターは全国から様々な病気の事例データを集めておりますので、どんな病気であっても対応できるのが最大の強みなのです。

病気の内容がとても複雑でしたが、諦めずに最後まで相談に乗ってもらい大変心強かったですと、安心した表情で語っておられました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP