【事例No.99】てんかんで障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:女性(40代前半)/無職
傷病名:てんかん
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの総支給額:1,560.000円

相談時の相談者様の状況

小学生の頃に小さな発作がおきだし、中学生の頃には頻度と時間が長くなりました。病院受診で「てんかん」と診断され薬物療法・カウンセリングを受けましたが、大人になっても発作は治まらず、薬でもコントロールできませんでした。就労も難しく、精神疾患も出るようになり、部屋の掃除・片付け・洗濯等の日常生活を送るのも支援・援助が必要な状態になり、友人から当センターの事を聞き、ご相談を受けました。

相談から請求までのサポート

一度、請求をされ不支給決定が出た後でのご相談でした。また、発作がある為、ご自宅まで出張相談に伺いました。ご本人様から聞き取りをし前回の診断書を確認したところ、ご本人様が医師にきちんと自分の状況の説明ができていないまま診断書が作成されていました。
ご本人様に代わって、医師に再度依頼のサポートをさせていただきました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、年間780,000円もの年金が支給される事になりました。
一度、不支給決定が出ている為、難しいケースではありましたが、経験豊富な社会保険労務士にまずは気軽にご相談下さい。

日頃から主治医には、自分の病状等を詳しくお話されるのが一番です。

一度は、諦めかけていたのですが、相談に乗ってもらい本当に良かったですと、安心した表情で語っておられました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP