【事例No.47】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(40代)/無職
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの総支給額:1,600,000円

相談時の相談者様の状況

姑からいわゆる“嫁いびり”をされる日々に、疲労とストレスを溜め込んでいた。何をしても姑から否定され続けていくうちに、自分までもが自己否定に陥るようになった。すっかり自信を失い、近所付き合いや友人との関係まで恐怖を感じるようになってしまい、原因不明の体調不良に襲われるようになった。心と身体のバランスが完全に壊れてしまい、「うつ病」と診断された。しかし、20年もの間ずっと治療を続けてきたが大きな軽快は見られず、長期の闘病生活に疲労は限界に達していた。そんな中、当センターの存在を知って相談に来られました。

相談から請求までのサポート

20年ほどの闘病生活が続いておられた為、書類作成の時に情報を整理していくのが大変でした。「病歴・就労状況等申立書」を作成する時に至っては、複数枚に及ぶ書類となりました。しっかりとご本人様の情報を聞き取った上でポイントを押さえた文章に仕上げていくのですが、それが一般の方には非常に難しい作業となります。専門家としての経験、ノウハウ、テクニックが書類作成に活かされた事例と言えるでしょう。

結果

障害基礎年金2級が決定し、年間で80万円ほどの障害年金が受給できました。障害年金は膨大な資料や書類を用意しなければ申請手続きが出来ません。そこで、年金の審査が滞りなく行われるようポイントを押さえつつ、簡潔かつミスのない書類作成が必要なのです。

必要書類一式って、こんなに多いんですか?と、ビックリしながらお話しされていました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP