【事例No.100】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(30代)/無職
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの総支給額:2,000.000円

相談時の相談者様の状況

小学生の子供の事で、担任の先生から注意を受け、子育てに悩むようになりました。徐々に塞ぎ込むようになり、不眠・過眠、過食・拒食を繰り返し、家事が出来なくなり、夫にすべてしてもらうようになりました。外出もできなくなり、夫の負担が増大し、夫の仕事にも影響をきたし、夫がネットで検索し、当センターの存在を知り、夫に付き添われてご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

うつ症状が出てから、なんとか家族でサポートして乗り切ろうとされていましたが、病状が変わらず、また夫自身も仕事に影響が出て、その事が更に症状を悪化させるという悪循環に陥っていました。初診の病院では、病名がつかず不信感があり転医されておられましたが、こちらから初診病院にコンタクトをとり、請求までサポートさせていただきました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、年間1.000,000円もの年金が支給される事になりました。
障害基礎年金は、18歳年度末の末日までにある子がいれば、「子の加算」があります。
お子様は、現在中学生でしたので、高校をご卒業されるまでは対象となります。

ご家族様だけではなかなか解決できないことも、お気軽にまずはご相談下さい。

「夫の負担を少しでも軽くする事が出来て本当に良かったです。子の加算があり、子供に対しても罪悪感が減少しました。」とご家族の事を気にかけておられたので、喜ばれていました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP