【事例No.88】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(30代)/無職
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの総支給額:1,560,000円

相談時の相談者様の状況

アトピーがひどく、自身の見た目に関してずっと劣等感を抱いていた。高校に入学したばかりの頃、自身のアトピーによる肌の荒れた外見、ミニテストでも自分だけ全く点数が取れない等の劣等感が増幅し、次第に塞ぎ込むようになった。ついには家から出られず不登校になってしまい、気分が落ち込み、イライラに耐えられなくなり、両親にまで当り散らすようになった。病院の診断の結果「うつ病」と診断され、投薬治療を続けることになった。家族に暴力を振るうだけでなく主治医とまで口論をしてしまうほど攻撃的になり、病院を転々とする状況が続いていた。そこで、心配した父親が障害年金のことを調べるようになり、今回の申請依頼に至りました。

相談から請求までのサポート

ご本人様が非常に攻撃的だったので、お父様の付き添いが必須でした。しかし、面談を重ねていくにつれご本人様の警戒心が薄れていき、信頼関係の上で手続きを進めていくことが出来ました。20年以上も闘病生活が続いておられるので、心のケアを優先しながら面談を行いました。体調不良でスケジュールを守れない日もあったので、余裕を持った日程調整が必要な事例でした。

結果

障害基礎年金2級が決定し、年間780,000円もの年金が支給される事になりました。自分で手続きをやろうとすると、あまりの書類の多さに「スケジュール調整が出来ない、間に合わない!」なんてことが頻繁に起きてしまうのが、障害年金の恐ろしいところです。しかし、それらを見越した上で的確な案内が出来るのが、我々専門家の強みなのです。

「必要書類の日程調整や、年金事務所への予約なども全て行ってくれて助かりました」・・・
ご本人様の安心した表情を見て、お父様も大変喜んでおられました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP