【事例No.82】統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(30代)/無職
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの総支給額:1,560,000円

相談時の相談者様の状況

高校生の頃、勉強もスポーツも優秀で、周囲から将来を期待されるような存在だった。しかし、それらの過度なプレッシャーに耐えきれず、不眠・不安・登校拒否に陥るようになった。次第に被害妄想が出現し「誰かに見られている!死ぬ!」などと、パニックに陥り家族に暴力を振るうようになった。診断の結果、重度の「統合失調症」と言われ、精神病棟へ即入院となった。それ以降、大学進学も出来ずに療養生活を続けていたが、周囲の同級生が社会人として活躍している姿との落差に激しく落ち込み、二度と人生をやり直せない絶望感に襲われるようになった。1人だけでいると大量服薬やパニック衝動などの希死念慮・奇行が抑えられなくなるので、両親や医療機関からの見守りが常に必要だった。周囲の期待に応えられなかった自分に嫌悪感を抱きながら、今も苦しい闘病生活を続けている。

相談から請求までのサポート

ご本人様以上に、お父様が非常に心配されている状態でした。親心と今後の生活不安から、様々な悩み相談や社会保険制度への質問を受けました。そんなご家族様を安心させるには、やはり専門家による自信あるご説明を提供するのが一番です。結果、お父様の信頼を勝ち取り、安心した状態で最後まで手続きを進めることが出来ました。専門性が高く、分かりやすく、しかも確実なアドバイスが信頼に繋がった事例です。

結果

障害基礎年金2級が決定し、年間780,000円もの年金が支給される事になりました。無数の法令に精通し、皆様の頼りになれる存在。それが社会保険労務士です。障害年金に関連するアドバイスでしたら、どんなことでもお問い合わせ下さい。

「やっぱり、難しいことは先生に任せるのが一番でしたわ!」・・・
ご本人様だけでなく、お父様も大変喜んでおられました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP