【事例No.33】緑内障で障害厚生年金1級を遡及受給できたケース

相談者:男性(50代)/無職
傷病名:両眼緑内障、右眼水泡性角膜症、左眼黄斑変性
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
支給月から更新月までの総支給額:4,800,000円

相談時の相談者様の状況

日常生活の中で、徐々に視力が低下してきているのを感じた。物が歪んで見える、視野の中心が暗くぼける、等の症状が出現するようになり気になって仕方が無かった。「緑内障」と診断され、定期通院による治療を継続することになった。10年以上も治療を継続したが良くならず、角膜移植手術に踏み切るも乱視が酷く、病状は悪化する一方であった。どんどん視力が落ちて行き、見えなくなる恐怖と戦いながら情報収集を行っていたところ、障害年金と当センターの存在を知って面談となりました。

相談から請求までのサポート

闘病生活がかなり長かったので、初めて病院へ行った日=初診日が古すぎて、カルテがもう存在していないのではないかという問題が一番大きかったです。ところが、初診日の頃の主治医先生を運良く探し出すことができたので、直接お会いさせてもらえることになりました。話し合いの結果、当時の状況を振り返りながら診断書を書いてもらえることになりました。まさに、障害年金専門の社会保険労務士でないと書類が整えられなかった事例と言えるでしょう。

結果

障害厚生年金1級が決定し、年間で約240万円を受け取ることになりました。さらに、当時から病状が悪かった旨を併せて立証できたおかげで、5年遡及分の約300万円までも一緒に受け取ることができました。
ずいぶん昔に発症した病気であっても、状況次第では年金受給まで辿りつける場合があります。

こんな昔の書類がよく手に入りましたねと、当のご本人様が一番ビックリされていました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP