【事例No.29】うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:女性(30代)/無職
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの総支給額:2,800,000円

相談時の相談者様の状況

職場や友人といった人間関係が上手くいかず、まるで自分が社会から必要とされていないような気分に陥ってしまい不安感と不眠が続いた。ひどく注意散漫となり、自分でも信じられないようなミスを連発して仕事にならなかった。自殺願望まで出現し、どこかに消えてしまいたい気分に襲われた。夫に励ましてもらいつつ子供の将来を考えた結果、せめて養育費だけでも確保したいと考え、本センターへ相談に来られました。

相談から請求までのサポート

高校卒業前のお子様がいらっしゃったので、子育てに対するプレッシャーも相当に感じておられる方でした。初診日が会社員の期間中だったので、障害基礎年金と障害厚生年金の2つの申請が可能でした。基礎年金には子供の加算が、厚生年金には配偶者(夫)の加算がそれぞれ付けられるので、血縁関係を証明するために戸籍調査などを同時に行った事例でした。

結果

障害厚生年金2級が決定し、年間で約140万円の年金を受け取ることになりました。
扶養家族などの要件によって、障害年金の金額に加算が加わることがあります。

思った以上に大きな金額が受給出来ましたと、大変喜んでおられました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP