【事例No.25】うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(50代)/無職
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの総支給額:1,560,000円

相談時の相談者様の状況

バイクで全身大怪我を負う重症を経験し、長期入院となった。しかし、あまりの痛みと恐怖で我を忘れ、ベッドの上で錯乱状態を起こすようになった。退院後も事故の記憶が頻繁にフラッシュバックし、その度に過呼吸や不眠などに苦しめられてきた。夫を頼りにしているのに、いつもイライラして八つ当たりばかりしてしまう。夫婦で相談した結果、せめて金銭的な不安だけでも和らげていきたいと考え、当センターへ相談に来られました。

相談から請求までのサポート

本当は交通事故の後遺症による身体障害(3級相当)で申請をしても良かったのですが、同時に精神障害(2級相当)も患ってしまわれたので、どうすべきか話し合いになりました。結果、精神障害のほうが重篤であった為、こちらを主な疾病として申請することになりました。交通事故ということで、後に弁護士などが絡む複雑な事例となりました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、年間で約78万円の年金を受け取ることになりました。上記の通り、身体障害3級ではなく、精神障害2級という高額な方の障害年金を受給することが出来ました。

やはり複雑な内容ほど専門家に頼るのが一番ですねと、安心した様子で挨拶に来られました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP