年金業務の専門家と言えば、社会保険労務士!~その1~

社労士試験に合格するために必要な勉強時間は、最低でも1000時間以上

平成29年11月10日、第49回社会保険労務士試験の合格発表がありました。
今年の合格率も6.8%と非常に低く、例年と同じく過酷で厳しい国家試験でした。

試験科目で一番苦手とされている方が多いのは、ズバリ年金科目です。
年金はとても身近な社会保険であるにもかかわらず、必死で勉強している受験生ですら理解に苦しむ内容となっているのです。
それは一体、何故なのでしょうか?

理由を一言でいうと、年金にはルールが多すぎて独学では理解出来ないからです。

障害年金に至っては、更にその人の病気の状態まで関わってくるワケですから、まさに「人々の人生の数だけ」年金の利用の仕方も変わって来るのです。
個人と法律との間の架け橋となる制度ですから、簡単なはずがないのです。

社労士試験に合格するために必要な勉強時間は、最低でも1000時間以上と言われています。
しかし、一般の方がそれだけ勉強して年金の知識を身に付けることは、およそ現実的ではありません

だからこそ、専門家である社会保険労務士がいるのです。
難しい障害年金の利用を全力でサポートさせて頂きます。

年金に関するインターネットやパンフレットを読んでも、ご自身で理解できる範囲には限界があります。
専門家による分かりやすい説明を受け、納得した上で障害年金を利用してみませんか。

詳しくは、当センターまでご相談ください。

**********************************************
電話番号:0800-080-8600

無料メール相談⇒

コラムの最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP