【事例No.8】統合失調症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:男性(20代)/無職
傷病名:統合失調症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
支給月から更新月までの総支給額:3,500,000円

相談時の相談者様の状況

8年前の会社員時代に発症。抑うつ状態が強く次第の出社できなくなり休職。その後、復職するものの、再発を繰り返し、ついに退職せざる得ない状況となり退職。
故郷奈良へ帰省し、現在は母親に日常生活の援助を受け暮らしており、将来への不安感が強く症状が改善されないこともあり、母親と一緒に当センターにご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

初診証明の際に、医師が誤った記入をしており、なかなか訂正に応じてくれず、丁寧な説明により、ようやく訂正して頂くことで、厚生年金で請求をすすめることができました。
こちらの例に限らず、障害年金請求では、医師や関係者との交渉も大切なプロセスとなります。障害を持って苦しんでいる相談者に対して、本来援助すべき関係者が足を引っ張るケースも散見され、ここに障害年金請求の困難さがあります。
そして、現在受診している病院の主治医へ生活状況をしっかり伝え診断書を依頼、申立書にも日常生活での不便さをしっかり記載しました。

結果

障害厚生年金2級の受給が決定し、次回の更新月までに350万円の受給が決定しました。
決定が出るまで不安な日々が続いていたとのことでしたが、病状がしっかり認められ満足いく結果が得られたと感謝していただけました。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP